乳がん:カナダ予防医学・特別委員会:40代のマンモグラフィー検診行うべきでない

(表現が正確でなかったため、タイトル・内容変更しました)

カナダ予防医学・特別委員会は、40-49歳の女性のマンモグラフィー検診に関して今まで”推奨しない”だったが、より強く、積極的に”行なわないようにと推奨”と変更した。
米国予防医学会では、積極的に”ルーチン検診に反対”し、”個別決断・患者の同意が主”としている。
オーストラリアでは、”積極的には勧めない”となっている。

Tonelli M, et al "Recommendations on screening for breast cancer in average-risk women aged 40-74 years" CMAJ 2011; DOI: 10.1503/cmaj.110334.

a0007242_11152145.jpg


a0007242_11172378.jpg


a0007242_11202543.jpg



他のガイドラインとの比較
a0007242_1122576.jpg



先進国で”乳がん検診”野放ししてる国って日本くらい!
 ・・・ 年齢層別化なんてなにそれ?・・って具合に、40歳代どころか、それより若い層も対象にしているかごとく、テレビで乳がん検診と大騒ぎしている。

cf.)乳がん検診ガイドライン作成会議 ・・・ こういう流れの中でどういうガイドラインになるか・・・



関連
マンモグラフィー検診って実は役立ってない? 2011年 07月 29日

乳がん:詐欺ピンクリボン運動製品に注意を! 2010年 11月 01日

番組きっかけの乳がん検診 TBSに医師らが中止要望 2010年 06月 10日

by internalmedicine | 2011-11-22 11:23 | がん  

<< あんぽんたんの民主党:見当違い... 東大:PGD2 マウス肺がんモ... >>