COPD急性増悪・人工呼吸患者のステロイド治療の有効性:侵襲的人工呼吸期間・ICU期間など改善

Efficacy of Corticosteroid Therapy in Patients With an Acute Exacerbation of Chronic Obstructive Pulmonary Disease Receiving Ventilatory Support
Arch Intern Med. 2011;171(21):1939-1946. doi:10.1001/archinternmed.2011.530

全身性コルチコステロイドの有効性・安全性に関する二重盲検プラシーボ対照化トライアル
人工呼吸(侵襲的・非侵襲的人工換気)COPD急性増悪患者に対する評価。
4ヶ国354名8病院成人ICU入室(2005年6月から2009年7月)

メチルプレドニゾロン 72時間まで:0.5 mg/kg毎6時間毎 → day 4-6: 12時間毎 → day 7-10
: 0.5 mg/kg/日

介入群 83名 v プラシーボ比較

主要アウトカム測定は人工呼吸期間、ICU滞在期間数、非侵襲的人工呼吸(NIV)患者に於ける挿管必要性

人口動態的、疾患重症度、COPD急性増悪原因、コルチコステロイドrescue治療に群差無し。
コルチコステロイド治療は人工呼吸期間中央値減少 (3 days vs 4 days; P = .04)、ICU滞在期間中央値(6 days vs 7 days; P = .09)、NIV不全率減少 (0% vs 37%; P = .04)と関連。


by internalmedicine | 2011-11-30 08:58 | 呼吸器系  

<< RSNA報告: サッカーと脳障... 移動ぜん息クリニックはInne... >>