交通大気汚染と高齢者ぜん息入院の関連性

交通大気汚染長期暴露で、高齢者のぜん息入院増加

Original article: Long-term exposure to air pollution and asthma hospitalisations in older adults: a cohort study
Thorax 2012;67:6-11 Published Online First: 2 September 2011 doi:10.1136/thoraxjnl-2011-200711

57 053 名( Danish Diet, Cancer and Health cohort, ベースライン 50–65 歳 (1993–1997))

メディアン・フォローアップ 10.2年

977 (1.9%) / 53 695 :ぜん息入院、821が初回入院、176が再入院

NO2 levelは、full cohortでのぜん息入院リスク増加と関連  (HR and 95% CI per IQR, 5.8 μg/m3: 1.12; 1.04–1.22)、初回入院と関連  (1.10; 1.01–1.20)、 ぜん息既往患者の入院高リスクと関連 (1.41; 1.15–2.07) 、COPD既往患者の入院高リスクと関連  (1.30; 1.07–1.52)

by internalmedicine | 2011-12-15 08:31 | 呼吸器系  

<< ぜん息LAR(遷延反応):感覚... 閉塞型無呼吸:CPAP (vs... >>