特発性肺線維症:逆流性食道炎と予後関連有り、GERD治療は予後改善?

胃食道逆流(GER)が特発性肺線維症で多く見られ、GERによる慢性microaspirationが病態生理や自然史に影響を与えるかどうか?

Gastroesophageal Reflux Therapy Is Associated with Longer Survival in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 184: 1390-1394. First published online June 23, 2011 as doi:10.1164/rccm.201101-0138OC

204名の患者で、GER関連がこのコホートで多く見られる。
GER症状告知(34%)、GERD病歴(45%)、GER薬物使用歴(47%)、 Nissen 噴門形成術 (5%)
GER関連所見は非補正解析にて長期生存率と関連有り
補正後、GER薬物治療使用は生存率延長の独立した因子
加えて、GER薬物治療使用は、レントゲン上線維化スコアの低下と関連。
センターと関連せず見られる所見

by internalmedicine | 2011-12-15 14:24 | 呼吸器系  

<< 喫煙無既往者長期コホート:大気... 特発性肺線維症:FVCのmin... >>