電子タバコで気道へ急性影響

電子タバコは、喫煙に見られるのと同じ即時性生理学的悪影響を及ぼす。
この報告では長期的効果は分からないが、さらなる悪影響を生体に与える可能性がある。


Acute pulmonary effects of using an e-cigarette: impact on respiratory flow resistance, impedance and exhaled nitric oxide
Chest published December 22, 2011, doi:10.1378/chest.11-2443

方法: 30名の健常非喫煙者 (年齢 19-56, 男性 14)
検査ベース vs 対照群比較
カートリッジを含む5分間の電子タバコ使用 (実験群 n=30) と デバイス除去(対照群 n=10)

結果: 電子タバコ5分使用で、呼気FeNO減少、対照群では変化認めず
Using an e-cigarette for 5 minutes was found to lead to an immediate decrease in exhaled FeNO within the experimental group by 2.14ppb, (p=0.005) while not in the control group (p=0.859).

総インピーダンス(Z5Hz)では0.033kPa(L/s)増加  (p<0.001)
抵抗( R5Hz, R10Hz and R20Hz)でも統計学的に増加

ベースライン測定値回帰分析にて、統計学的に有意なFeNO減少
インピーダンス増加  0.04kPa/(L/s), (p=0.003)
抵抗(R5Hz)増加 0.04kPa/(L/s), (p=0.003)
抵抗(R10Hz)増加 0.034kPa/(L/s), (p=0.008)
抵抗(R20Hz) 増加 0.043kPa/(L/s), (p=0.007)
全末梢気道抵抗増加  (beta: 0.042 kPa/(L/s), (p=0.024)


米国家庭医協会 :電子たばこに関して禁煙補助使用不可と   2009年 07月 29日
”電子たばこ”を有害性の説明無くメディアで扱って良いのか? 2008年 12月 08日
他・・・

by internalmedicine | 2011-12-26 12:12 | 呼吸器系  

<< 薬剤副作用推測モデル:pred... 寝る前に降圧剤服用:血圧・臨床... >>