日米共通:医療費は上位1%が1/4-1/5を消費し、上位5%が半分を消費する

高齢化に伴い増大が予想される医療費問題に関して、医療費全体を俯瞰することも大事。医療費問題でやり玉に挙がることのおおくなった慢性期医療を目の敵にするほぼ知識ゼロの評論家・マスコミ・一部役人には、その予防的意義が分からないのだろう。

高額医療を受けているグループにより、医療費が消費されている・・・この事実を忘れては効果的な医療費配分にはつながらないだろう。

高額医療必要な場合は必然性があるはず。だが、医療コスト面から言えば、薬剤費用や消耗品・医療器具代などをよりコスト効果的なシステムに再構築する必要があろう。(病院4団体の圧力が高まるにつれ、この議論が希薄になってる気がするのは・・・私が開業医だからだろうか?)

Small Group Uses Big Share of Healthcare Dollars
By Emily P. Walker, Washington Correspondent, MedPage Today
Published: January 16, 2012
http://www.medpagetoday.com/PublicHealthPolicy/GeneralProfessionalIssues/30691

1%の米国民が22%の医療費を使っているという、AHRQ報告
このグループは平均9万米ドル超を消費し、1996年以降変化が見られない現象で、トップ5%が医療費の半分を消費している。



平成22年度 高額レセプト上位の概要(http://www.kenporen.com/include/press/2011/201109081.pdf)

厚労省がマスメディアをつかって超高額医療費を問題にしていた平成10年のデータしか具体性のある図表をみいだせなかった(http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/resept.html)が、それによると、日本でも上位1%が24%の医療費、上位5%が55%の医療費を消費しているということで、ほぼアメリカと同様の傾向なのではないか?
http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/receptgraf.html



国際的に高すぎる日本の薬剤・消耗品代比率

a0007242_844671.jpg

http://www.jmari.med.or.jp/research/dl.php?no=422

この方面への厚労省/中医協は、”ジェネリック”問題に視野を狭くしてごまかしをやろうとしている。そのジェネリックでさえ、対先発薬価高すぎる・・・

ジェネリック栄えて、医療 滅びる 2011年 11月 08日

米国・リピトール・ジェネリックに関する動き 2011年 12月 02日

日本の薬価 英仏の2倍/医療保険財政を圧迫/保団連調査 2012年 01月 11日

by internalmedicine | 2012-01-17 08:58 | くそ役人  

<< 歩行者交通事故:ミュージックプ... 食肉加工品・赤肉: 膵がんリスク増加 >>