サイクロン式の掃除機に注意:ハウスダストばらまき機

日本医事新報(2005.6.11)
─────────────────────────────────
サイクロン式の掃除機では、綿はこりゃ髪の毛など大きいゴミはプラスチックケースに溜まっているが、機種によっては、ダニの糞のサイズより細かいはこりはフィルターに少しついているだけで、ほとんど残っていないものがある。
 ダニの糞はどこへ行ったのだろうと不思議に思っていたが、二〇〇四年の「食品と暮らしの安全」(食品と暮らしの安令基金発行)で八四号の商品テストでその謎が解けた。サイクロン式掃除機の代表ともいえる英国メーカー製掃除機の排気に細かいはこりがたくさん逃げていることを実験データが示していた。永久使用のHEPAフィルターがついていても、そのフィルターを通過せずに掃除機の排気中には、たくさんのはこりがまき散らされていた。
 たくさんの空気とはこりを吸い込んで、かつ、排気中にはほこりを出さないのが理想的な掃除機であるが、サイクロン式掃除機は、空気とはこりをたくさん吸い込んでも、細かいはこりは掃除機の隙間から野放し状態で吹き出すのである。逆に、掃除機のホースの中を空気が循環しているので排気が出ないが、外からのほこりも吸い込めない循環式掃除機のトリックにも注意が必要である。
─────────────────────────────────

確かに・・・間違いだらけの掃除機選び(
https://tabemono.info/rhs/
)に“ 家庭用掃除機の中で、格別に排気の汚いサイクロンタイプ。”とかかれていた。

ある会社のは、例のプラズマイオンとやらで除菌を前面に打ち立てているが・・・ハウスダスト・アレルゲンに除菌は関係ないので・・・とてもとんちんかん。

注意されたし・・・サイクロン掃除機

by internalmedicine | 2005-06-14 23:24 | 呼吸器系  

<< 朝日世論欄編集子の情報源:個人... ワーファリン投与量・・・年齢・... >>