自然気胸の再発ファクター

発症要因はCOPD69.7%、結核、再発は背の高いもの、低体重ほど、二次性自然気胸で多い。化学的胸膜癒着術を施行した患者では再発リスクが減少。胸腔内のテトラサイクリンとゲンタマイシンと有意差はないので、ゲンタマイシンが化学的癒着術で推奨される。

Factors related to recurrence of spontaneous pneumothorax - Respirology Vol 10. Issure 3 pp 378-384
─────────────────────────────────
Gentamicinに関して・・・初耳

by internalmedicine | 2005-06-30 12:20 | 呼吸器系  

<< 抗生剤が変形性関節症に有効? ケーススタディー:肺癌低リスク... >>