大量胸水・・・癌が多い


Harrisonsonlineでは・・・・
─────────────────────────────────
もし、胸水が撒布性の病巣であり、化学療法で治癒不能であるなら、悪性の胸水は多くの場合症状にて治療をおこなう。胸水に寄与する症状の唯一は呼吸苦である。
もし患者のライフスタイルが呼吸苦があるなら、呼吸苦が胸水穿刺で楽になるなら、次のうちの一つを考慮すべきである
1)doxycline 500mgのような癒着剤を投与したチューブ胸水穿刺
2)外来での小さな留置カテーテル挿入
─────────────────────────────────

コンセンサス治療
http://www.cancertherapy.jp/cnt040609.html

でも、ほぼ同様である



どうも、わたしが関連したいわゆる癌専門医たちはこの手順を踏んでくれない・・・
当方の地域では自分勝手な治療がまだ闊歩しているのでは無かろうか・・・


大量胸水・・・だと、悪性疾患が多い
─────────────────────────────────
大量胸水は悪性疾患がもっとも多い原因であると記述されているが、実際にどうか・・
大量胸水1084患者の内121例、11.2%で、非大量胸水に比べ、有意に悪性腫瘍 (53.7% vs. 38.3%, P=0.03)、肝硬変 (9.9% vs. 2.6%, P=0.0000)によるものが多かった。
一方、大量胸水は感染症は少なく(10.7% vs. 19.2%, P=0.003) 、心不全も少ない(0.8% vs. 6.7%, P=0.03)。大量の胸水貯留患者のでは診断範囲が広がる(細胞診56.9%、生検36.9%)。一方、細菌学的、組織学的検査の歳は、結核性胸膜炎群ではなかった。
非大量胸水患者は大量に比べ予後が有意に良好で、前者中央値8ヶ月(95%CI 7-9)、後者5ヶ月(95%CI 4-6)(P=0.0009)



Etiology and prognostic significance of massive pleural effusions - Respiratory Medicine
http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6WWS-4FWKM8N-1&_user=10&_handle=V-WA-A-W-AE-MsSAYZW-UUA-U-AAWCEYEVVW-AAWBCDUWVW-WDUUBABAV-AE-U&_fmt=summary&_coverDate=09%2F30%2F2005&_rdoc=15&_orig=browse&_srch=%23toc%237138%232005%23999009990%23603405!&_cdi=7138&view=c&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=c4645ba711cef20b15542288fbc98f84
─────────────────────────────────

そうかなぁ・・・結核性胸膜炎でも大量胸水は経験するわけだし・・・悪性腫瘍と絶対数が違いすぎるだけのような気がする・・・あんまり意味のない論文かな?

by internalmedicine | 2005-08-12 16:11 | 呼吸器系  

<< エピペン・・・アナフィラキシー... 禁煙指導のエビデンス(術前、妊婦) >>