喘息治療:ICS+LABA、抗コリン剤、吸入フロセミド


中等量ICS+LABA vs 高用量ICS :有症状喘息
12の研究4576名メタアナリシス
喘息によるひきこもり回数や少なくとも中等・重度の悪化の回数は高用量ICS群で多かった(odds ratios 1.58, 95% CI 1.12 to 2.24 and 1.35, 95% CI 1.10 to 1.66).
二次アウトカム(FEV1、朝夕のPEF、昼間のβアゴニスト使用)は有意にsalmeterol群に軍配が上がった。
<Thorax 2005; 60: 730-734. doi:10.1136/thx.2004.039180 http://thorax.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/60/9/730


※抗コリン剤(Acute asthma):systemic review
32のRCT(n=3611)からのデータで、吸入抗コリン剤治療にて、子供 (RR = 0.73; 95% CI 0.63 to 0.85, p = 0.0001) 、成人 (RR = 0.68; 95% CI 0.53 to 0.86, p = 0.002)にて入院回数減少
スパイロメトリーの指標の改善もみられた、小児・成人にてそれぞれ、SMD –0.54(95% CI –0.28 ~ –0.81, p = 0.0001)、–0.36 (95% CI –0.23 ~ –0.49, p = 0.00001)。
救急における中等症・重症の小児・青年・成人の標準治療として、吸入ipratropium broideの多回数投与は適応であると強く示唆される
Thorax 2005;60:740-746; doi:10.1136/thx.2005.040444 http://thorax.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/60/9/740


※furosemide 吸入はまだエビデンスが少ない
Nebulised furosemide in acute adult asthma http://emj.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/22/9/654-a
Emergency Medicine Journal 2005;22:654-655

by internalmedicine | 2005-09-01 11:55 | 呼吸器系  

<< 看護師主導のマネージメントプロ... "Primum no... >>