睡眠時無呼吸症候群 直近1ヶ月の文献

今度はパイロットが睡眠時無呼吸症候群疑いのようですね。肥満はなさそうですが、日本人は肥満と関係ないものも多いのでどうでしょうか?


最近1ヶ月の関連文献を集めてみました。トレンドがある程度わかると思います。
診断の問題点、治療はCPAPだが継続してくれない、扁桃腺関係は手術が主、他の治療法とどう組み合わせる方法の模索、高血圧、メタボリック症候群との関係など・・

────────────────────────────────────
米国でも成長産業
Waking up to sleep clinics: Growing industry offers eye-opening investments
http://www.ama-assn.org/amednews/2004/01/05/bisa0105.htm米国のスリープセンターの1/3が3年以内。
1978年の3カ所から2003年には678カ所




Dream on: Treating a sleepy situation - American Medical News
04/28/2004
http://www.ama-assn.org/amednews/2004/05/03/hlsa0503.htm傾眠のスクリーニング法、口腔内の観察、
CPAPのコンプライアンスの悪さ
 ↓
“Occasionally mild sleep apnea can be treated simply with weight loss and behavior therapy like stopping smoking, and avoiding alcohol, sleeping pills and side sleeping. But most often physicians recommend nasal continuous positive airway pressure because it is currently the most effective treatment. But because the patient must wear a mask attached to a machine during sleep, compliance is an issue. "It's really off-putting," says Dr. Remmes. "And compliance is terrible. If th e apnea is not severe I try to do other things."”



Lng-term Changes in Quality of Life After Surgery for Pediatric Obstructive Sleep APNEA - Archives of Otolaryngology
http://archotol.ama-assn.org/cgi/content/abstract/130/4/409
04/22/2004
OSAへのadenotonsilectomy後のQOLの長期改善効果
OSA-18調査ではいづれも術前より改善。短期効果の方(survey 2:術後7ヶ月未満)が長期効果(survey3:9-24ヶ月)より良好。短期・長期効果は、emotional distress、daytime problem、caregiver concernはともに違いはない(効果は落ちないということか?)。




Genetics and Early Disturbances of Breathing Control - Pediatric Research
http://www.pedresearch.org/cgi/content/short/55/5/729
04/21/2004
congenital central hypoventilation syndrome (CCHS)とよばれる比較的稀な疾患で、
“heterozygous de novo mutations of the PHOX2B gene”をCCHS29例のうち18例で見いだした。多くは“five to nine alanine expansions within a 20-residue polyalanine tract”であり、均一でないrecombinationを生じる。“endothelinやRETシグナル経路”や“the brain-derived-neurotrophic factor (BDNF) gene”の変異も見つかっている。
興味あることに、いづれも“neural crest cells”の発達に関連。
新生児期の呼吸コントロールの遺伝的な部分に光が当てられて来ている。



Polysomnography vs Self-reported Measures in Patients With Sleep APNEA - Archives of Otolaryngology
http://archotol.ama-assn.org/cgi/content/abstract/130/4/453
04/20/2004
PSGのパラメーターは自己申告測定方法と弱い相関。AHIは自己申告傾眠、健康状態と相関せず、SF-36(Health Status mental health)と線形回帰では相関あるが、多変量解析では無かった。
一般的にPSG測定値、とくにAHIは、自己申告測定方法と弱い相関。補正後、いくつかのPSG指数と選択された自己申告測定値と弱い相関がある。身体的・客観的指標により定量化されるべし。



Current treatment practices in obstructive sleep APNEA and snoring - American Journal of Otolaryngology
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15011202
04/16/2004

305名のアンケート応答者のうち、280名がOSAといびきを積極的に治療。48%が1週間に3名以上の新患をみているが、46%しかルーチンに睡眠障害に関して問診せず。49%が無呼吸患者に"交通事故”に関して全く質問せず。
多くが“nasopharyngoscopy”を思量しているが、Muller maneuverを使うことは滅多にない。多くは、split nightやhome testingでなく、早期に終夜PSGに頼る傾向がある。
単純性のいびきには1つの治療法以上で半数が反応。多くの手術方法が行われているが、28%のみ舌根部の気道閉塞改善を目的とした治療法は行われていない。
結論としては、Otolaryngologistは気道管理の唯一の専門家としての技術を生かして睡眠障害気道患者の力になってやってくださいといことらしい


Randomized, Controlled Trial of Oral Creatine Supplementation (Not Effective) for APNEA of Prematurity - Pediatrics
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=15060257&dopt=Abstract
04/15/2004

Conclusion: Despite a significant increase in creatine excretion, suggesting good enteral absorption, CS did not, in the dose and for the duration given in this study, improve symptoms of AOP in these infants...


Simultaneous Use of Antidepressant and Antihypertensive Medications Increases Likelihood of Diagnosis of Obstructive Sleep APNEA Syndrome - Chest
http://www.med-psych.net/modules/news/article.php?storyid=653
04/13/2004
OSAの頻度は0-39歳、40-59歳、60歳で、男性20.8%、2.8%、3.2%、女性0.4%、1.4%、1.8%。
高血圧・うつ治療を受けてない年齢、性別との比較で、最も高いprevalence odds ratio (POR)は、両方の治療を受けているカテゴリーで、
それぞれの年齢区分で、男性:18.30 (95% CI, 10.69 - 25.66), 5.72 (95% CI, 4.10-6.70),4.47 (95% CI, 2.45-7.01) 、女性:17.43 (95% CI, 9.54-28.67), 7.29 (95% CI, 5.20-9.29), 2.72 (95% CI, 1.48-4.73)であった。

結論としては、若年、中年での高血圧、うつ患者ではOSAの尤度が高くなるので注意が必要。OSAの可能性を易疲労を含めた高血圧、うつ患者では考慮すべき


Mandibular Advancement Devices in 630 Men and Women With Obstructive Sleep APNEA and Snoring - Chest
http://www.chestjournal.org/cgi/content/abstract/125/4/1270
04/13/2004
619例の患者中24%が治療中断。女性は治療成功しやすい、特に仰臥位、側臥位ともAHI<10の場合とくに成功しやすく、OR2.4(0=0.01)で、鼻閉の場合0.1
男性の場合は、仰臥位依存の無呼吸では成功OR 6.0(p<0.001)で、中等度2.5(p=0.04)、mandibular advancementのミリメーターあたり1.3(P=0.03)で、体重増加あたり0.8であった。
睡眠時無呼吸患者の女性と、AHI<10、無呼吸をともなわないいびきで仰臥位依存的な無呼吸男性と“mandibular advancemet device"に推奨。治療中の体重の増加は男性では成功しやすい。

(mandibular advancement治療の、日本の保険適応がいかにボケ・馬鹿・アホなのかがわかりますなあ)



Erectile dysfunction in men with obstructive sleep APNEA syndrome: a randomized study of the efficacy of sildenafil and continuous positive airway pressure - International Journal of Impotence Research
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=15057257&dopt=Abstract
04/13/2004

sildenafilはCPAPより優れているが、OSAとEDの合併やOSAS自体がsildenafilの効果不十分な率が高くなる。また、約半数で治療効果に満足していない。
今後CPAPとsildenafilの併用の検討が必要。


Sleep APNEA as a risk factor for hypertension - Current Opinion in Nephrology and Hypertension
リンク
高血圧とOSAはかなり相関がある。OSAHは高血圧を生じうる。このメカニズムは無呼吸時のエピソードの交感神経緊張だと言われている。治療困難なタイプである。で、このレビューは(1)臨床前の無呼吸とprehypertensionの疫学データを評価(2)高血圧への付加的要因(3)最適な降圧治療法を考慮する目的。
極早期の若い時からから睡眠時無呼吸が心血管系へ影響を及ぼしている可能性があり、nocturnal dippingの無いことと拡張期血圧の高さとの関係がみられる。
血管活動性ホルモンとレニンーアンジオテンシン軸の付加作用で交感神経緊張状態が加わり睡眠時無呼吸と関連。pro-inflammatory cytokine類は動脈硬化を引きおこし、心臓・脳血管、腎臓への影響を及ぼす。PAPやpalato-nasal surgery、体重減少が高血圧改善に寄与するエビデンスが蓄積しつつある。降圧治療はあまり効果がない。


Effect of body mass index on overnight oximetry for the diagnosis of sleep APNEA - Respiratory Medicine
リンク
Overnight oximetryが広く睡眠時無呼吸低呼吸症候群のスクリーニングとして用いられている。 desaturationの程度が肥満の程度と関連。SAHSに対する診断的価値を肥満の程度でどの程度影響を受けるかを検討。
424例のSAHS疑い患者の検討。
ODI(oxygen desaturation idnex)をoxymetryにて自動解析。(ODI2/3/4:at 2%/3%/4% threshold).
ODIの診断有用性は3つのBMIグループで異なる。感度・特異度はODI4(cutoff=15)で
正常体重、過体重、肥満群で、それぞれ54%/100%, 83%/97%,98%/78%。
性別、年齢には有意差なし
SAHSにおけるODIの感度・特異度を検討した結果、cutoff値によれば有益な道具となりえる。

(正常体重では感度低下し、見逃しの可能性大、ただし、肥満患者ではかなり有益!)





Sleep APNEA and Daytime Sleepiness in End-Stage Renal Disease - Seminars in Dialysis
リンク
睡眠障害は腎疾患末期(ESRD)の患者に多く見られる。一般の人の10倍程度の頻度。
睡眠時無呼吸は透析によって改善せず、夜間透析で改善する。それは新しくそしてユニークな研究モデルでもある。睡眠障害や昼間の傾眠傾向の原因に加え、無呼吸は心血管合併症や死亡率を増加させ、ESRD患者によくみられる現象である。昼間の傾眠傾向周期的なlimb movementとも関連するが、特に尿毒症の重症度を含めた代謝的要因が種々関わる。


Preemies Breathing Problems Tied to Moms Smoking - Yahoo/Reuters
http://www.tobacco.org/news/158915.html
04/02/2004
(乳幼児突然死症候群に親の喫煙が関係あるという例のやつですな)

by internalmedicine | 2004-05-02 10:46 | 呼吸器系  

<< 中国からのホッキ貝放射線照射について クリニック、Clinicの語源 >>