PDE4阻害剤は喫煙による肺気腫進展予防効あり?


喘息・COPDの治験でphosphodiesterase 4 (PDE4) inhibitorが日本でもなされてますが、喫煙によるCOPDの予防に実験的には良好だったようです。
吸わないということが一番と思いますが・・・予防的な方法が一つ

Roflumilast Fully Prevents Emphysema in Mice Chronically Exposed to Cigarette Smoke
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 172. pp. 848-853, (2005)
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/172/7/848
Roflumilastを1 mg/kg (R1) or at 5 mg/kg (R5)投与
急性モデル(20分間5本シガレット)、BALFを4,24時間で調査
慢性モデル(7ヶ月 3本/日)、形態計測的・生化学的パラメーターを7ヶ月後評価


Measurements and Main Results:
急性曝露にてBALF好中球5倍増加。
roflumilastはこの増加を30%防止。加えて、喫煙後R1はBALF中IL-10を79%、R5で129%を増加
慢性喫煙曝露では、肺マクロファージ密度1.8倍増加 emphysema、increase of the mean linear intercept (+21%)、 a decrease of the internal surface area (?13%)、a drop (?13%) in lung desmosine contentがみられた。
R1は影響を与えず、R5は予防効果:マクロファージ70%増加、他の変化を完全に予防
加えて、喫煙群では、マウスの63%で、杯細胞のmetaplasiaが見られ、roflumilastのどの量でも効果はなかった。


ref.:http://thepharmyard.networkpharma.com/shop/product.php?xProd=753&xSec=110


Asthma:http://www.docguide.com/dg.nsf/PrintPrint/C60C90DB1F31893185256E6300507495

by internalmedicine | 2005-09-26 14:30 | 呼吸器系  

<< 大豆中の内分泌攪乱物質が肺癌を抑制 ACC/AHA心不全ガイドライ... >>