リモデリングはCD8と関連



Bronchial CD8 Cell Infiltrate and Lung Function Decline in Asthma
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 172. pp. 837-841, (2005)
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/172/7/837
気管支拡張剤後のFEV1の年次減少は気管支拡張前FEV1より有意に大きいこれは気道の可逆性の喪失を意味する。46.6 [53.4] ml/year vs 27.5 [62.5] ml/year 気管支拡張後FEV1年次減少はreticular layerの厚み、気管支生倹の好酸球数と相関しないが、CD8+T細胞と有意に相関 (r = –0.39, p = 0.032).

2年次生倹分析にて、FEV1年次減少とCD8細胞の有意な相関がみられ、独立した因子として考えられた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



CD8抑制を考えなければ、リモデリングに関しては・・・ステロイドも今ひとつ
他のも今ひとつではあるが・・・
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/full/164/10/S1/S28/T3


Fractal Geometry of Airway Remodeling in Human Asthma Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2005; 172: 817-823 http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/172/7/817
剖検標本のリモデリング測定方法

by internalmedicine | 2005-10-04 15:06 | 呼吸器系  

<< リポキシンと喘息 NOによるタイトレーションによ... >>