ARDSのCT所見

CT所見が肺障害スコアと相関し、予後因子となる

CTスコア:
score of 1: normal attenuation;
score of 2: ground-glass attenuation;
score of 3: consolidation;
score of 4: ground-glass attenuation associated with traction bronchiolectasis or bronchiectasis;
score of 5: consolidation associated with traction bronchiolectasis or bronchiectasis;
score of 6: honeycombing



ALI/ARDS診療のためのガイドライン
(病期によるCTスコア)
a.浸出期:すりガラス陰影や浸潤影+、牽引性気管支拡張無し
a0007242_12154442.jpg



b.増殖期早期:牽引性細気管支拡張をともなるすりガラス陰影
a0007242_1217770.jpg



c.増殖期後期:区域支、亜区域支レベルの中枢側の気管支壁が不整に拡張した牽引性気管支拡張を伴うすりガラス陰影ないし浸潤影(中枢側の牽引性気管支拡張が増殖期後期を示す)
a0007242_1217335.jpg



d.線維化期:cの上に、濃度上昇域内部の小嚢胞や粗大な網状影、容積減少が目立つ
a0007242_12175746.jpg





ARDSやALIというのは時相と重症度が混在することが問題であり、ステロイドの評価にも同様な問題があったはず・・・

by internalmedicine | 2006-01-03 12:24 | 呼吸器系  

<< 肥満とアルドステロン 死にたくなったら歩け! >>