ディジュリドゥ(Didgeridoo)の吹奏の練習が無呼吸に有効!

ディジュリドゥという吹奏の練習が無呼吸に有効らしい!
・・・・そして、無呼吸治療の方向性を変える可能性のある重要な論文と思われる


Didgeridoo playing as alternative treatment for obstructive sleep apnoea syndrome: randomised controlled trialBMJ 2006;332:266-270 (4 February)
http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/bmj;332/7536/266


Didgeridooレッスンと毎日の自宅練習を4ヶ月
対照はレッスン待ち群

メイン・アウトカム:
昼間眠気尺度(Epworth scale 0 - 24)
睡眠の質(Pittsburgh quality of sleep index (excellent sleep quality) 21まで)
睡眠障害パートナーの評価(VAS 0-10)
AHI、健康関連QOL(SF-36)


didgeridoo群は平均州5.9回(SD 0.86)・25.3分(SD 3.4)
対照群に比べ、didgeridooは昼間の眠気を改善 (difference -3.0, 95% confidence interval -5.7 ~ -0.3, P = 0.03)、AHIも改善 (difference -6.2, -12.3 ~ -0.1, P = 0.05)
パートナーの報告だと睡眠障害が低下(difference -0.7, -2.1 ~ 0.6, P = 0.27)
QOLは影響なし
睡眠関連アウトカムのcombined analysisだと中等度から大きな影響が有った(difference between summary z scores -0.78 SD units, -1.27 to -0.28, P < 0.01).


このdidgeridooの演奏練習によるAHIの減少は、上気道の虚脱減少によるもので、とくにベッドパートナーの不眠の減少が著しかった。
EMSや呼吸筋トレーニングにおける研究で昼間の眠気の改善やAHIの改善はみられなかった。
この研究が上気道のトレーニングで睡眠時無呼吸の改善したという報告は初めてであった。






音楽というのが昔から苦手で、よくわからんのですが・・・
かなり長い間呼気を必要とする楽器のようだが、日本だったら尺八でもいいのか?
対照をとって研究したら論文になりそうですなぁ・・・

しかしながら、日本は居住環境から難しい場合が多いので、インターラクティブな呼吸訓練器具を流用すべきかも?



気道トレーニングが無呼吸に有効である可能性をしめす、際物っぽく見えるがそうではない研究のようである

by internalmedicine | 2006-02-03 11:26 | 呼吸器系  

<< 持続性β刺激剤に問題があるのか? アマンタジン耐性インフルエンザ... >>