Slentrol:犬の抗肥満薬

テレビなどでもこのニュースやってたので・・・周知とのことと思うが・・・

January 5, 2007

Slentrolはnew chemical entityであり、 “selective microsomal triglyceride transfer protein inhibitor”であり、集積を阻害し、血中へのリポたんぱくの血中放出を抑制.体重減少メカニズムは完全には理解されていないが、脂肪吸収を減少させ、腸管での脂肪の累積した細胞からの満腹シグナルによるものかもしれない。

http://www.fda.gov/OHRMS/DOCKETS/98fr/2006-141-260-fois001.pdf


初期容量14日間で開始、月1回ごとに評価して、容量を調整。目標体重まで達した後、3ヶ月維持することを製薬会社は推奨。食事摂取量と身体活動性を体重を維持するようにすること。副作用は、嘔吐、軟便、下痢、倦怠感、食欲低下


“犬の飼い主への薬剤ではない”・・・とカナダのニュース・サイト
猫にも使えないとのこと。犬は人より成長のため、脂肪食を好むらしい。
paunchy pooches(太鼓腹の犬)の飼い主への安易な方法に頼る事への戒めも忘れてないようである。

1日1回$1~$2の出費が必要となるとのこと




Investigational therapies in the treatment of obesity.
Expert Opin Investig Drugs. 2006 Aug;15(8):897-915. Review.

Obesity: new perspectives and pharmacotherapies.
Cardiol Rev. 2006 Sep-Oct;14(5):238-58. Review.

anorexiants
thermogenic drugs
lipid-partitioning drugs

beta3-adrenergic receptor agonists
modifiers of leptin
cannabinoid receptor-1 antagonists (rimonabant)

antidiabetic agents (metformin, exenatide)
anticonvulsant drugs (topiramate, zonisamide)
antidepressants (bupropion, fluoxetine)
growth hormones

新しいターゲット:
脂肪酸シンターゼ(fatty acid synthase);例示;
neuropeptide Y;European Journal of Pharmacology, Volume 440, Number 2, 12 April 2002, pp. 173-187(15)
melanocortin;例示:Acomplia(Rimonabant)
ghrelin:Drug News Perspect. 2006 Jan-Feb;19(1):13-20.
various regulatory gut peptides:Endocrine Reviews 27 (7): 779-793
ciliary neurotropic factor:recombinant human variant ciliary neurotrophic factor (rhvCNTF) JAMA Vol. 289 No. 14, April 9, 2003



Current and Investigational Antiobesity Agents and Obesity Therapeutic Treatment Targets
Obesity Research 12:1197-1211 (2004)

by internalmedicine | 2007-01-08 12:11 | その他  

<< ライフスタイルによる体重減少介... よく寝る女性は太りにくい? >>