Common Skin Conditions During Pregnancy


妊娠中の皮膚の状態は主に1)ホルモン関連、2)妊娠前からの状態、3)妊娠特異的変化に分けられる。

1) 妊娠線(striae gravidarum (stretch marks)); 色素沈着(hyperpigmentation (e.g., melasma)); 頭髪、爪、血管性変化

2)妊娠前からの皮膚の状態(e.g., アトピー性皮膚炎、疥癬、真菌感染、皮膚腫瘍)が妊娠中に性状の変化をきたしたもの

3) 妊娠特異的皮膚状態:(妊娠性)掻痒性丘疹(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy), 妊娠性痒疹(prurigo of pregnancy), 肝内胆汁うっ滞, 妊娠類天疱瘡(pemphigoid gestationis), 疱疹状膿痂疹(impetigo herpetiformis), そう痒性毛のう炎(pruritic folliculitis of pregnancy)
・・・とくに、妊娠性掻痒性丘疹はもっとも多い

多くの皮膚所見は出産後消失し治療が必要な状態が残るのは少ない。しかし、いくつかの状態(e.g., melasma, intrahepatic cholestasis of pregnancy, impetigo herpetiformis, pruritic folliculitis of pregnancy)は治療を要する。

分娩前サーベイランスが必要
: 妊娠中の肝内胆汁うっ滞、疱疹状膿痂疹、妊娠性類天疱瘡
(Am Fam Physician 2007;75:211-8. )

by internalmedicine | 2007-01-20 11:43 | その他  

<< フジテレビ&日本テレワーク ステロイド関節内注射:reci... >>