COPD患者はスタチン治療で虚血性心疾患による死亡率改善



慢性閉塞性肺疾患患者は虚血性心臓疾患(IHD)のリスクを増加する。スタチンはIHDの死亡・合併症リスクを減少する。スタチンがCOPD患者の長期死亡率減少と関連するという仮説を検証

Statin use is associated with reduced mortality in COPD
Eur Respir J 2007; 29:279-283
フォローアップ中央値1.9年で、333名死亡。
粗死亡率は
スタチン治療群:110/1000 人年
非スタチン治療群:191/1000 人年

性・年齢・喫煙・肺機能・合併症補正後ハザード比(スタチン使用vs非使用)0.57 (95% 信頼区間 0.38–0.87)

スタチン使用・非使用、吸入ステロイド治療(ICS)使用にて分類したハザード比(何れも使用しない群と比較)
ICS単独:0.75(0.58-0.98)
スタチン単独: 0.69 (0.36–1.3)
ICS+スタチン:0.39 (0.22–0.67)



ロイターにも流れていたようだ

by internalmedicine | 2007-01-31 11:58 | 呼吸器系  

<< 公的報告のみとpay-for-... 静脈血栓塞栓症の新しいガイドライン >>