アメリカでは肺腺癌減少期となったようだ・・・

Declining Incidence Rate of Lung Adenocarcinoma in the United States
(Chest. 2007; 131:1000-1005)
1973 から 1998年で、肺腺癌(ADL)年齢補正発生率は男性83%、女性200%増加
1997から2003年で、男性14%、女性8%減少

生後コホートによる肺腺癌年齢特異的発生頻度の解析により1934年生まれ以降減少している。


アメリカの喫煙率



日本の喫煙率と肺癌発生率

(http://www.health-net.or.jp/tobacco/ladies/mr4000006.html)

縦スケールの違いに注目すべき!

“現行の日本の男性の喫煙率はアメリカの1960年代並み”であり、日本人男性の肺腺癌が減り始めるのは50年後なのかもしれない。



生存率全般の影響
(BMJ 2004;328:1519 (26 June):イギリス医師の50年間)


ところで、以下の症例報告、ちょっとどきっとした・・・
air crescent signを呈した肺腺癌例
Adenocarcinoma of the Lung Presenting as a Mycetoma With an Air Crescent Sign
(Chest. 2007; 131:1239-1242)

by internalmedicine | 2007-05-01 09:06 | 呼吸器系  

<< “内科専門開業医”の終焉? コップの中の抗争 >>