9.11の時の消防士・救急医療従事者にサルコイドーシス様肺疾患多発

グラウンド・ゼロの消防士とEMS作業者の26名がサルコイド様肺疾患発症

おそらく有機性誇り、金属、化学的なごみ、シリカ、木屑、煙といったものにさらされたのだろう
26名は最も埃の多い事件後72時間以内にWTCにいた人たちである。

"World Trade Center "Sarcoid-Like" Granulomatous Pulmonary Disease in New York City Fire Department Rescue Workers."
Izbicki G et al.
CHEST 2007; 131:1414-1423.

WTC後の新規発症サルコイドーシス病的エビデンスが26名の患者で見つかり、全例胸腔内のリンパ節病変で、胸郭外が6名(23%)

13名はWTC後初年に同定:86/10万
13名が続く4年間に同定:22/10万
対照は15/10万(15年)

26名中18名が喘息
21名中8名が気道過敏性(AHR)


CBS News
abc news



サルコイドーシスでなく、ベリリウムのようなものではないのだろうか?
Chronic Beryllium Disease
吸入にて過敏性肺臓炎のように・・・というのは単なる推測

by internalmedicine | 2007-05-10 14:19 | 呼吸器系  

<< カプセル内視鏡に関するあほな情... 開業医は休みも夜もなく働け! >>