デンマークの在宅人工換気治療の前向き予後研究

Survival of patients on home mechanical ventilation: A nationwide prospective study
Respiratory Medicine Volume 101, Issue 6, June 2007, Pages 1074-1078
Home mechanical ventilation (HMV)が有症状慢性低換気の患者の治療オプションとして使用増加しつつある。在宅人工換気治療の予後に関わる因子の前向き検討

HMV登録1526名の成人患者で10年の前向き研究報告

5年後ALS患者は5%生存のみ
生存パターンはより均一で、側彎やポリオ、Pickwick患者は75%

ALSでの死亡ハザードに関連する要因は見いだせなかった。
非ALSで負の予後因子は、年齢、酸素療法併用、気管切開下換気、急性状況での換気サポートの開始で、センターの大きさ、地域特異的な要因は、生存率に影響を与えない。



ヨーロッパ全体の研究
Patterns of home mechanical ventilation use in Europe: results from the Eurovent survey
Eur Respir J 2005; 25:1025-1031




(黒色: lung/airways; 灰色: thoracic cage; 白抜き: neuromuscular.)

by internalmedicine | 2007-05-13 18:29 | 呼吸器系  

<< グループ診療 政府の記者クラブ攻撃 >>