SAD PERSONS:自殺リスク評価

精神医学のバックグラウンドのない医療関係者に簡単で重要なツールが救急外来で有効であるとのこと
”SAD PERSONS” scaleは1983年Pattersonらが開発したもの
臨床的アクションのためのリスク評価・評価者に対して開発


Miller BP and Giordano R. "Creating a Suicide Risk Assessment Tool for use in the Emergency Department." Abstract NR391, presented May 21.
Primary source: American Psychiatric Association 2007 Annual Meeting

(http://www.psychiatrictimes.com/psychiatryNews/showArticle.jhtml?articleID=199702234&cid=BreakingNews)


a0007242_15295484.jpg

(日本語訳されていた:ソース:http://www.med.or.jp/jams/symposium/kiroku/129/pdf/129040.pdf

by internalmedicine | 2007-05-29 15:51 | 医療一般  

<< マラリア 早期積極的治療法がむち打ち症の... >>