HDGC

Founder and Recurrent CDH1 Mutations in Families With Hereditary Diffuse Gastric Cancer
JAMA. 2007;297
遺伝性びまん性胃がん:Hereditary diffuse gastric cancer (HDGC)
2つのタイプ、1つはintestinal typeとdiffuse typeがあるそうで
British Columbia Cancer Agency(バンクーバー)のPardeep KaurahらはCDH1遺伝子の遺伝子頻度を調査し、突然変異による遺伝子変異なのか、先祖由来なのかを検討した。
臨床的診断された38家族を含む者。
26家族では50歳未満のdiffuse gastric cancerが一例を含む少なくとも20以上の胃癌を有する家族で、12家族は35歳未満の1例のdiffuse gastric cancerか50最長のdiffuse gastric cancer多発例である。38家族の内13のmutation( 6つの新規)を同定
2398delC変異を示す寄与効果を示していた。


gene CDH1:DGCとlobular breast cancerと関連

細胞周期制御因子Cdh1
GeneReview Japan

by internalmedicine | 2007-06-04 14:37 | がん  

<< 一次予防アスピリン最適量は 敵意性増す毎に肺機能低下 >>