閉塞型無呼吸症候群は血管内皮アポトーシスを生じ、CPAP治療で改善

閉塞型無呼吸症候群に心血管疾患リスクが高いことが知られているが一つの病的過程としての説明に、血管内皮アポトーシス関係というきれいなデータ

Endothelial Cell Apoptosis in Obstructive Sleep Apnea: A Link to Endothelial Dysfunction
El Solh et al. Am. J. Respir. Crit. Care Med..2007; 175: 1186-1191

閉塞型無呼吸症候群(OSA)にて血管内皮のapoptosisのマーカー細胞であるCD146+ Annexin V+をフローサイトメトリー施行し、OSA vs 対照にて39.2 ± 13.6 cells/mL vs 17.8 ± 9.4, respectively(p < 0.001)という差をみとめた

CPAP治療8週後、有意に減少:39.2 ± 13.6 →  22.3 ± 12.9 p=0.001
血管内皮依存性の血管拡張と相関(r=0.49 P=0.07)


Annexin V 解説
(MBL : https://res.mbl.co.jp/catalog/apoptosis/annexin.html)
(Funakosho : http://www.funakoshi.co.jp/h_news/Apoptosis/AnnexinV.php

by internalmedicine | 2007-06-05 17:58 | 呼吸器系  

<< AECB時抗生物質比較 内因性テストステロン値と認知機... >>