スタチンで、年次的肺機能低下抑制効果あり

COPD患者はスタチン治療で虚血性心疾患による死亡率改善というスタチンのpleiotropic effectがあったが、今回は高齢者全般に肺機能加齢低下抑制効果の話

Statin Use Reduces Decline in Lung Function
VA Normative Aging Study
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 176. pp. 742-747, (2007)

Normative Aging Studyの803名(2136回測定)
1995-2005年2回以上4回まで測定対象

スタチン未使用:FEV1 23.9 ml/year (95% CI –27.8 ~ –20.1 ml/yr)
スタチン使用: FEV1 10.9-ml/year decline in FEV1 (95% CI, –16.9 ~ –5.0 ml/yr).

どの喫煙カテゴリーでもスタチンの有益性はあった。
しかし、やはり喫煙者群ではその改善効果は減少。



まぁ・・・タバコすっていて肺機能低下を心配するのはどうかと思うが・・・

by internalmedicine | 2007-10-04 16:08 | 呼吸器系  

<< アマチュア・ボクシングによる慢... 化学物質過敏症、その原典:MC... >>