喫煙と糖尿病の関係:揺るぎない事実であろう

観察研究だが、まぁこれだけ大規模な結果だし、なにより用量依存関係がみとめられたのは揺るぎない事実となろう・・・喫煙と糖尿病の関係


Smoking and Risk of Type 2 Diabetes
JAMA. 2007;298(22):2654-2664.
25の前向きコホート研究(N=120万)で45844件の糖尿病インシデント(フォローアップ期間5-30年)

2名の著者が独立してデータ抽出、ベースラインの喫煙活動性、糖尿病リスク、糖尿病発見方法、研究の質に関する鍵クライテリアを含むもので検討。

Relative risks (RRs) random-effects modelで算出


25研究のうち、24で補正RRは1以上を報告
プール化された補正RRは1.44(95%CI 1.31-1.58)
結果は一致していて、統計的に全てのサブグループで有意であった。

糖尿病リスクでもっとも高いのは重喫煙であり (20 cigarettes/day; RR, 1.61; 95% CI, 1.43-1.80)、軽喫煙 (RR,1.29; 95% CI, 1.13-1.48) 、以前の喫煙者 (RR, 1.23; 95% CI, 1.14-1.33) でも用量依存的に糖尿病リスクは増える




まだ、テレビで喫煙シーンを放映している日本・・・メディアの質の悪さを露呈している


日本のテレビでどれだけ喫煙シーンが流れているかを記録して、どっか外国のジャーナルにでも報告したら・・・ドンだけ遅れた国であるかを世界にしらせしめる必要がある・・・なんせ、外圧に弱い日本だから・・・

by internalmedicine | 2007-12-12 12:13 | 糖尿病・肥満  

<< Clean Water 人口呼吸管理での持続的セデーシ... >>