COPD急性増悪入院ステロイド治療は内服で十分

COPD急性悪化入院患者をプレドニゾロン5日投与するわけだが、60mg ivとするか、内服とするか?

Oral or IV Prednisolone in the Treatment of COPD Exacerbations
(Chest. 2007; 132:1741-1747)
プライマリアウトカムを、死亡、ICU入室、COPD悪化のよるICU再入室とした

入院必要とする435名の患者
107名がIV治療、103名が経口治療

90日以内の治療失敗例は同等、IV 61.7%、経口 56.3% (片側l検定限界域 95% CI –5.8%)

早期治療失敗(2週間以内):17.8% vs 18.4% (片側l検定限界域 95%CI -9.4%)
後期治療失敗(2週間以降):54.0% vs 47.0%( 片側l検定限界域 95%CI -5.6%)

平均(±SD)入院滞在期間:11.9 ± 8.6 vs 11.2 ± 6.7 日間

1週間において、臨床的に明らかな改善が両治療群間でスパイロメーター、HRQOLで見られ、両群で有意差がなかった。



むしろ、内服の方が優れているのではないかと思ったのだが・・・

by internalmedicine | 2007-12-14 15:02 | 呼吸器系  

<< 褐色細胞腫スクリーニング 遺伝が非喫煙者1秒率に影響を与... >>