ADRB2ゲノタイプは喘息治療の薬物学的影響を与えなかった

喘息の患者でも、 β2-アドレナリン受容体:ADRB2の第16アミノ酸のarginine homozygousの患者ではLABAのbenefitがない可能性がある。


吸入ステロイドとの併用に対してはどうかという論文


Effect of ADRB2 polymorphisms on response to longacting β2-agonist therapy: a pharmacogenetic analysis of two randomised studies
The Lancet 2007; 370:2118-2125

ADRB2genotype喘息患者の2つの研究をまとめたもの

結果的には、ADRB2の薬物学的影響はなかったというもの

by internalmedicine | 2007-12-22 10:36 | 呼吸器系  

<< 医学学会の発言を封じる勘違い役... Web3.0と医学 >>