甲殻類過剰摂食は大腸癌のリスク要因?

甲殻類摂食は直腸結腸癌のmajor risk factoかもしれないという仮説

DSP毒素:diarrhtetic shellfish poisoning毒素、okadaic acidなどは胃腸症状を生じる(DSP症候群)
この毒素は腫瘍プロモーターとして働く可能性がある。主な規制はこの中毒症状にのみ対象だが、DSP毒素の値は十分に直腸結腸癌のこのプロモーション作用を惹き起こすに十分であるという報告

Medical Hypotheses  Volume 70, Issue 2, 2008, Pages 409-412


●Diarrheic Shellfish Poisoning (PSP):OHH

●okadaic acid tumor promoter:Nature 337, 78 - 81 (1989).

by internalmedicine | 2007-12-27 12:18 | がん  

<< 卒中病型によるリスクはLDLコ... 除細動治療予防カテーテル焼灼術 >>