"silent airway obstruction"

"silent airway obstruction"なる言葉を某書から発見

B.Dahen(スウェーデン)が対談記事(International Review of Asthma)で発せられた言葉のようである

検索してもきわめて少ないのだが、患者説明時に良い言葉のような気がする。ただ、"silent airway obstruction"という一連で使われているより、無自覚・低自覚という意味で”silent"という言葉が使われているようだ。


http://www.asthmacenter.com/AsthmaManual.pdf

・偶発的に肺機能で見つかる気道閉塞
・慢性の気道炎症はあるものと、自覚症状がないか、きわめてわずかなケースがある

私を含めて横文字だと必要以上にありがたがる日本人が多い多いので、この言葉が学会・講演会などで発せられたときの心構えを・・・って大袈裟かな?

by internalmedicine | 2007-12-29 08:27 | 呼吸器系  

<< アポトーシス細胞貪食マクロファ... ”喫煙への欲求”を神経画像化 >>