慢性HPとNSIPのCT鑑別

慢性HP(Chronic Hypersensitivity Pneumonitis)、NSIP(Nonspecific Interstitial Pneumonia )、IPF( Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のCT鑑別の後顧的研究


Chronic Hypersensitivity Pneumonitis: Differentiation from Idiopathic Pulmonary Fibrosis and Nonspecific Interstitial Pneumonia by Using Thin-Section CT
(Radiology 2008;246:288-297.)
【目的 】薄切CTの正確性後顧的評価
【Materials and Methods】
66 患者 (男性 36 , 女性 30 ; 平均年齢, 58.8 歳 ± 10.9 [SD])
診断判明例:chronic HP (n = 18), IPF (n = 23), or NSIP (n = 25)

【結果】 慢性HPのCTの最良の特徴は、" lobular areas with decreased attenuation and vascularity, centrilobular nodules, and absence of lower zone predominance of abnormalities<線量吸収と血管構造の減少を示す小葉区域、小葉中心性の粒状影、下肺優位の病変がない> (P ≤ .008)”

NSIPのCT上の最良の特徴は、"relative subpleural sparing, absence of lobular areas with decreased attenuation, and lack of honeycombing<胸膜直下に病変が少ないこと、線量吸収減少領域が小葉領域にないこと、蜂窩構造がないこと> (P ≤ .002) ”

IPFのCT上の最良の特徴は"basal predominance of honeycombing, absence of relative subpleural sparing, and absence centrilobular nodules <基底部主体の蜂窩、比較的胸膜直下sparingの欠如、小葉中心性粒状影の無いこと>(P ≤ .004)”


信頼しうる診断は70/132(53%)で、70読影のうち66読影、94%が正確な診断であった。完全なコホートは80%で、診断に関する観察者間の一致率は良好であった。 (κ = 0.77–0.96)

【結論】慢性HP、IPF、NSIPのCT特徴は約50%において正確





慢性HPをのぞけば、NSIPとUIPの鑑別は比較的容易?
High-resolution computed tomography features of nonspecific interstitial pneumonia and usual interstitial pneumonia.
J Comput Assist Tomogr. 2005 May-Jun;29(3):339-45.
NSIP患者の48/50読影(96%)で“ predominant pattern of ground-glass and/or reticular opacity with minimal to no honeycombing<蜂窩肺を伴わないかほとんど無い、すりガラス状陰影 and/or 網状陰影主体のパターン>”がみられる

一方、UIPの90%の予測値として、蜂窩肺の存在が主な特徴(P < 0.001)
UIPはNSIPに比較して、胸膜直下・patchyな病変が多い(P < 0.001)

NSIPとUIPのCT診断の正確性は、それぞれ73%、88%
κ値は0.72



Reviewとして・・・・Idiopathic Interstitial Pneumonias: CT Features
(Radiology 2005;236:10-21.)

NSIP:
NSIPの組織学的特徴は“ spatially homogenous alveolar wall thickening caused by inflammation and/or fibrosis”で、空間的な、時間的な均質性がUIPと鑑別しうるNSIPの特徴である。




NSIPは線維化のパターンとして、肺胞壁が線維化と軽度間質性炎症によるびまん性の肥厚を示し、"fibroblastic foci"は存在しない。


過敏性肺臓炎は、このレビューではRB-ILDとの鑑別を問題にしており、喫煙歴により修飾される可能性が記載されている。

by internalmedicine | 2008-01-04 10:42 | 呼吸器系  

<< COPDにおける自己抗体が病態... COPD既往を持たないうっ血性... >>