上気道抵抗症候群・原発性いびき・OSAHSの相違点:自律神経障害

obstructive sleep apnea/hypopnea syndrome (OSAHS)は言わずと知れたPSG

upper airway resistance syndrome (UARS) とprimarysnoring (PS)の鑑別:基本的には( respiratory effort-related arousals [RERAs])で鑑別
元データに客観的な診断方法( respiratory effort-related arousals [RERAs]) による方法がないため、PSとUARSの15のランダムに選択した患者でsubset analysisを行った。15のデータセット毎に、非REM睡眠中のランダムに選択した30秒の40sleep epoch(故に合計20分)で鼻カニューラ測定の睡眠呼吸を解析し、ASDA(American Sleep Disorders Association)のarousal(RERA)指数と関連した流量制限呼吸数を解析



この3つの診断に関して前書き・・・
1993年upper airway resistance syndrome (UARS)Guilleminaultらが提唱(Chest, Vol 104, 781-787, 1993 )。
obstructive sleep apnea/hypopnea syndrome (OSAHS)の前駆状態なのか、独立した病態なのかが問題となっていた。最近のデータでは、UARS患者ではOSAHSと正常とが分かれるポイントは上気道閉塞圧であることが分かってきた。別の研究では、UARSはPSGでOSAHSにはみられない特徴がみられることが判明。加えてtwo-point palatal discrimination studyで、UARSはintactなpalatal sensory functionのままだが、OSAHSではそうではなかったということが判明。
UARSとOSAHSの患者と違い、いびきのみで睡眠障害のない患者の臨床的鑑別点についての情報が少なく、原発性いびき(primary snoring:PS)とされる。
比較的最近、UARSの臨床的特徴の研究(Chest. 2003;123:87-95.)がなされ、UARSと中等度OSAHSの患者、重症のOSAHS患者の比較がなされ、OSAS患者と異なるUARS患者の症候と症状が身体化症状と類似していることが判明。




Differences in clinical features of upper airway resistance syndrome, primary snoring, and obstructive sleep apnea/hypopnea syndrome
Sleep Medicine Volume 9, Issue 2, January 2008, Pages 121-128

上気道抵抗症候群(upper airway resistance syndrome :UARS)は、OSAHS( obstructive sleep apnea/hypopnea syndrome )と鑑別が問題となることが多い。原発性のいびき(primarysnoring :PS)とOSAHSの臨床的特徴を検討したもの

PSとUARS患者は有意に若年で、体重減少で、過去5年での体重増加が少ない
女男比はOARS群で高い
UARS患者は有意に非REM睡眠(NREM)1、2のステージが少なく、NREM 3、4のステージがOASHやOSAHS患者より有意に多い

覚せい指数は、PS/UARSとOSAH/OSAHS患者群間では有意に低く、診断カテゴリー内での有意差はない。
UARS患者はもっとも主観的障害の程度が高い。


UARSはGuilleminaultらが報告しているように高齢に多いが、年齢比較したGoldらの報告((Chest. 2003;123:87-95.))では、機能的身体症状がUARSに多いとの記載があった。OSAHの患者では主観的睡眠障害の項目異常があるのだが、UARS患者とOSAHS患者の差は顕著であった。PSやUARSと違い、OSAHやOSAHS患者は高血圧と2型糖尿病の心血管リスクを有する。OSAH/OSAHSでのRDI、BMI、年齢を考慮すれば驚くべきことではない。PSとUARS患者は高血圧に関してその頻度に違いがないが、UARS患者は起立性低血圧を生じやすい。GuilleminaultらのデータではUARS患者が自律神経機能異常を有しやすいことを示唆している。GoldらはGERDや鼻炎合併がUARSで見られた。

by internalmedicine | 2008-02-01 11:16 | 呼吸器系  

<< 喘息への硫酸マグネシウム投与 COPDアンケート法の信頼性はない? >>