降圧剤・ベンゾジアゼピン併用指標が睡眠時無呼吸探しの指標となる

そぉかなぁ? 無呼吸症候群のベンゾジアゼピン使用普通差し控えるものだと思うし・・・
Combination Drug Score(+1)すなわち、降圧剤+ベンゾジアゼピン併用している人は一度PSGした方が良いとは思える論文と思う。

Usage of Antihypertensive Drugs and Benzodiazepines to Estimate Apnea/Hypopnea Index in Arterial Hypertension
Clinical and Experimental Hypertension, Volume 30, Issue 2 February 2008 , pages 143 - 150

【背景】睡眠時無呼吸は高血圧患者で非常に多い病態である。
正確な診断は睡眠ラボが必要であり、臨床的なマーカーがあれば有意な睡眠時無呼吸候補を抽出できる。

【方法】高血圧・BMI>25(平均 30.7 ± 3.7)の63名の患者
apnea/hypopnea index (AHI)、血圧、BMI、年齢

combination drug score (DS)を各患者で計算

3つのdifferent possible valuesを評価:ベンゾジアゼピンと降圧剤使用数に基づくスコア


【結果】併用薬剤指数は
-1:平均AHI 13.4 ± 12.6(episode/h sleep; n=19))
0:15.0 ± 14.1 (n = 29)
+1:29.0 ± 20.1 (n = 15; p < 0.05 versus the other two groups)

(this latter group consisting of patients not taking benzodiazepines and taking three or more antit-hypertensive drugs).

【結論】
高血圧・体重増加の人は、睡眠時無呼吸の程度は使用薬剤スコアとベンゾジアゼピン使用に関する併用薬剤スコアに比例する。
DSはは単純に計算でき、睡眠ラボを行うかの意志決定・判断根拠となる。

by internalmedicine | 2008-02-26 14:32 | 呼吸器系  

<< 抗原トレランスの可能性:吸入抗... 患者の意志決定補助ツールとして... >>