抗原トレランスの可能性:吸入抗原は母乳を介して乳児へ

欧米は授乳至上主義に陥っていて、論文でも授乳が体に良いというのが受けるようだ。

Breast milk–mediated transfer of an antigen induces tolerance and protection from allergic asthma
Nature Medicine 14, 170 - 175 (2008)
母乳を通して抗原が通過し、将来のアレルギー性喘息からの防御となり得る

アレルギー性喘息は抗原暴露による反応による気道閉塞で特徴付けられる慢性疾患で、環境吸入抗原へヘルパーT細胞(Th2)が不適切に反応して生じるものである。近年その頻度が増しているがこれは環境的要因によるものと考えられている。乳児中の環境抗原暴露は喘息にとって決定的なものである。疫学的にも授乳とアレルギー性疾患の関連が様々の結果とともに報告されている。ここでマウスで喘息に関連する吸入抗原を暴露し授乳中への移行を検討したもの

吸入抗原が母体から乳児に移行し、トレランス誘導のためには免疫グロブリンの通過を必要としない。
母乳によるトレランスは、授乳中のTGFβに依存し、regulatory CD4+ リンパ球を介し、T細胞のTGF-βのシグナル化に依存する。


胎児への抗原の母乳を介したtransferは、経口トレランスによる生じ、アレルギー性気道疾患の抗原特異的な防御につながる可能性がある。



"The Tokorozawa Childhood Asthma and Pollinosis Study"(AJE Vol. 154, (2) 115-119) なんて逆の結果

母親の喘息の状態がどうも子供の気道状態に影響を与えるという報告
(American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 176. pp. 843-848, (2007))

授乳期間のタイミングも影響を与える
(Health Education Research 2008 23(1):158-169)


・・・など、人間の場合、多因子的要因があるようだ。

by internalmedicine | 2008-02-26 14:53 | 呼吸器系  

<< 赤血球造血刺激剤:ESAsの静... 降圧剤・ベンゾジアゼピン併用指... >>