肺がん自己抗体検討

この程度の感度なら胸部レントゲンに勝てる?・・・というかすでに勝ってる気もする。
肺ガン検診の推奨度は最低(Grade I)にもかかわらず、肺ガン検診は続く・・・・日本 2004-05-05 17:55  )

正常対照(n=50)、非小細胞癌(n=82)、小細胞癌(n=22)で、p53、 c-myc、 HER2、 NY-ESO-1、 CAGE、 MUC1 、 GBU4-5の自己抗体(ELISA)検討


Autoantibodies in lung cancer: possibilities for early detection and subsequent cure
Thorax 2008;63:228-233

7つのうち少なくとも一つ増加は76%で、リンパ節転移陰性89%、特異性は92%

SCCでより多く見つかった(92%) が、肺がんサブグループ間に差は見いだせなかった。

by internalmedicine | 2008-02-29 11:42 | がん  

<< 肥満者の生涯肥満コスト:予防は... 脂肪酸と一秒量の関係:ドコサテ... >>