禁煙指導時に”肺年齢”を示した方が禁煙成功率アップ!

要するに、”肺年齢”を告げることは禁煙指導上有用ということらしい・・・考察では理由不明と書かれているがやはりモチベーションアップがもたらせたのだろうか?

Effect on smoking quit rate of telling patients their lung age: the Step2quit randomised controlled trial
BMJ, doi:10.1136/bmj.39503.582396.25 (published 6 March 2008)

【状況】イギリス、Hertfordshireの5GP
【参加者】35歳超561名
【介入】全参加者にスパイロメトリーを施行し肺機能測定
介入群には、"肺年齢”(lung age):健康者スパイロメトリー値相当平均年齢((the age of the average healthy individual who would perform similar to them on spirometry)を提示
対照群は生のFEV1データを提示
禁煙サービス受診した群
【主なアウトカム測定】プライマリアウトカム測定は、参加12ヶ月後唾液コチニン濃度にて禁煙確認
セカンダリアウトカム測定は、たばこの消費量の変化とCOPD新規診断
【結果】フォローアップ率89%
介入群と対照群で禁煙率13.6%vs6.4%(差異 7.2%, P=0.005, 95% 信頼区間2.2% → 12.1%; number needed to treat 14)

両群ともスパイロメトリー肺年齢が高い人達は、禁煙成功しにくい

禁煙成功あたりのコストは £280 ({euro}366, $556)

新規閉塞性肺疾患診断は介入群で17%、対照群で14%、参加者全体で16%



肺年齢
Lung age calculation formula developed by Morris and Temple
男性:Lung age=2.87xheight (in inches)–(31.25xobserved FEV1 (litres)–39.375
女性:Lung age=3.56xheight (in inches)–(40 xobserved FEV1 (litres)–77.28


算定方法:

by internalmedicine | 2008-03-07 18:07 | 呼吸器系  

<< 高血圧ワクチン 第IIa相試験... 直腸結腸癌検診のガイドライン ... >>