喘息舌下免疫療法の効果:特異的減感作療法の復権の動き?

SLIT(Sublingual Immunotherapy)とは、日本語で舌下免疫療法でよいのだろうか?
鼻炎へのこのSLITの有効性、安全性が報告されているが、喘息ではまだ議論の途上とのこと。テレビ東京の番組で味噌つけてしまった花粉症治療法と同様のものだが・・・

Metaanalysis of the Efficacy of Sublingual Immunotherapy in the Treatment of Allergic Asthma in Pediatric Patients, 3 to 18 Years of Age
(Chest. 2008; 133:599-609)
喘息小児例でのSLITのランダム化二重盲検臨床研究
プライマリアウトカムとしては、症状スコア、rescue medicationの使用
RevMan, 4.2.8(The Cochrane Collaboration; Oxford, UK)を使用して検討

73の論文を同定し、レビュー。9つの研究は1990年以降で選択クライテリアに合致
441名の患者総数を最終評価し、分析に加えた
232名SLIT、209名プラセボ
現行分析の結果で広範に異なるスコアリングシステムにてheterogeneityが明確に存在する。
包括的には、症状(SMD – 1.14; 95% confidence interval [CI], – 2.10 to – 0.18; p = 0.02) 、薬物使用の有意な減少(SMD, – 1.63; 95% CI, – 2.83 to – 0.44; p = 0.007) が認められた。


減感作療法はGINAガイドラインでは”有効性が示されている単一抗原”での使用が適切とされ、Cochrane Review(Lancet 2003;361(9363):1071-6.)でも、特異的減感作の75のRCTにて症状スコア、薬物必要量の減少を認めている。とくにSLITのシステミックレビューで効果が認められている(Lancet 2004;363(9405):271-5.)と記載されている。

さかのぼるが、Nature Reviews Immunology 6, 761-771 (October 2006) に免疫療法のレビューが書かれている。


アレルゲン特異的免疫療法の臨床的・実験的パラメータ



特異的減感作療法の復権のにおいがする・・・昨今の動き

舌下なら維持量時、家庭内でもできるので、注射方法と比べ患者負担は少なくなるだろう。
ただ、開始時、増量時の十分な医家における観察は厳重であるべきだと思うが・・・

by internalmedicine | 2008-03-18 08:23 | 呼吸器系  

<< 人工呼吸トリアージ:インフルエ... 好酸球増多症候群:Mepoli... >>