肥満による低酸素血症:CPAP治療の役割:肺容量改善

肥満による低酸素血症は、無呼吸・低呼吸にだけによるものではない(Chest 1985,88;9-15 PDF)。換気不均衡などが考えられ、その治療のためにCPAP療法も用いられることがある。


Association of Lung Volumes With Nocturnal Oxygen Saturation in Obese Persons: A Possible Role for Therapeutic Continuous Positive Airway Pressure.
American Journal of Therapeutics. 15(3):221-224, May/June 2008.
肥満、夜間酸素飽和度、肺機能を、肥満手術を予定している31名の肥満女性、17名の肥満男性で検討

Pearson correlation coefficientsで、%呼気予備容量と平均酸素飽和度 (P = 0.027),、BMIと最低酸素飽和度(P = 0.034)、BMIと平均酸素飽和度 (P = 0.039)で、それぞれ有意な相関をみとめた

平均年齢、BMI、%呼気予備容量、%FRCは肥満男女間で有意差はなかった

ただ、最低酸素飽和度は肥満女性で80 +/- 10% 、肥満男性で62 +/- 19%(P = 0.001)

平均酸素飽和度は、肥満女性では 88 +/- 5% 肥満男性では 83 +/- 6%(P = 0.005)

治療的な夜間CPAPは血流換気不均衡を改善し、夜間酸素飽和度を改善する。



Continuous Positive Airway Pressure Therapy Improves Cardiovascular Autonomic Function for Persons With Sleep-Disordered Breathing
(Chest. 2008; 133:86-91)


Metabolic disturbances in patients with obstructive sleep apnoea syndrome
EUROPEAN RESPIRATORY REVIEW, 2007;16: 196-202.

by internalmedicine | 2008-05-23 10:30 | 呼吸器系  

<< インスリン非投与下の2型糖尿病... 安定期COPD患者へのLABA... >>