インスリン非投与下の2型糖尿病:自己血糖測定はしないほうがまし

3つのBMJ報告、最初の報告は、2型糖尿病の非インスリン治療者での自己血糖測定は有益性はなく、むしろQOLを低下させる 2008-04-25で触れた。

新規診断の2型糖尿病の自己血糖測定は血糖コントロールに影響を与えないが、うつスケールに悪影響をあたえる
Efficacy of self monitoring of blood glucose in patients with newly diagnosed type 2 diabetes (ESMON study): randomised controlled trial
BMJ 2008;336:1174-1177



非インスリン依存型糖尿病患者で、自己ケア導入における追加的訓練の有無による自己血糖モニタリングは、コストを高め、QOLを低下させる。この観点と他のアウトカム指標からも標準ケアとして血糖自己モニタリングはコスト効果的でありそうもない
Cost effectiveness of self monitoring of blood glucose in patients with non-insulin treated type 2 diabetes: economic evaluation of data from the DiGEM trial
BMJ 2008;336:1177-1180


自己血糖なんてすればするほどよいと思うが、“うつ”スケールに悪影響を与えるというのは驚きである。自己血圧測定を盛んに循環器では勧めているがあれも一度検討してみてはどうだろうか?

by internalmedicine | 2008-05-23 11:00 | 糖尿病・肥満  

<< IGT検診:指導付きで根拠あり... 肥満による低酸素血症:CPAP... >>