日本人糖負荷試験2時間血糖値200 mg/dlに相応する空腹時血糖は111-114 mg/dl

九州大学からの報告

126mg/dlという基準を、引き下げるか?・・・今後議論になるだろう。

Fasting plasma glucose cut-off for diagnosis of diabetes in a Japanese population
Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, doi:10.1210/jc.2007-2819
【目的】日本人における、空腹時血糖と2時間後糖負荷後血糖(2-h PG)値、11.1 mmol/l(ゴールドスタンダード:200mg/dlに相当)に相当するFPGカット値を検討


【デザイン】40-79歳糖尿病治療無しで糖負荷試験を受けた 2421名(1988年)、2698名(2002年住民横断的研究
FPGと2-h PGの相関を様々な回帰モデルで検討、ROCカーブ解析
FPG cut-off 値では2-h PG 11.1 mmol/lは1988年次の6.2 mmol/l(111.7mg/dl)、2002年次の6.3 mmol/l(113.5mg/dl)に相当

両群組み合わせにて、FPGカットオフ値 6.3 mmol/l(113.5mg/dl)で、この値をカットオフ値としたところ、感度・特異度は75.2%、88.6%であった。

ROCカーブ解析にてFPGポイントは1988年次、2002年次住民とも6.2 mmol/lとすることが確認された。

層別解析にて、FPGカットオフ値は、BMIとともに増加するが、BMI≧30kg/m2でさえ、FPGカットオフ値は7.0mmol/l未満であった。

【結論】現在日本人の糖負荷後2時間血糖 11.1 mmol/l に相応するFPGカットオフ値は 現行の基準より低いと考えられる。

by internalmedicine | 2008-06-20 11:18 | 糖尿病・肥満  

<< 「ホルミシス・モデル」の肯定的... 「カルデュラXL」(一般名:ド... >>