Procalcitoninによる肺炎予後推定


市中肺炎抗生剤使用・中止のガイダンスにPCT(プロカルシトニン)を・・・CRPは唾棄すべき?2006-06-24

プロカルシトニン値でCAP抗生剤使用可否を決定するという話
Procalcitonin Guidance of Antibiotic Therapy in Community-acquired Pneumonia A Randomized Trial
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 174. pp. 84-93, (2006)


・・・など、プロカルシトニンの迅速測定ができれば、随分、CAP治療も違ってくるのかもしれない。

今回は、CAPでの予後推定の話・・・

Risk Prediction With Procalcitonin and Clinical Rules in Community-Acquired Pneumonia
Annals of Emergency Medicine Volume 52, Issue 1, July 2008, Pages 48-58.e2
1651名の研究コホート

4段階:
I: < 0.1; II:> 0.1 、<0.25; III:> 0.25 、< 0.5; IV: > 0.5 ng/mL


Procalcitonin値はばらけた:
32.8% (I), 21.6% (II), 10.2% (III), 35.4% (IV)


procalcitonin単独で軽度テスト特性を有す
特異度:35%、感度:92%、陽性尤度比 :1.41、陰性尤度比 0.22


PSI( Pneumonia Severity Index)にprocalcitoninを加えると、パフォーマンスが改善するが、低リスクPSI(I-III)では、パフォーマンスは改善せず

しかし、procalcitonin 段階 Iは、臨床的リスクと関わらず30日死亡率が低い (Pneumonia Severity Index classes I ~ III versus classes IV/V(1.5% versus 1.6%)
高PSI(IV/V)では、1/4(126/546)でprocalcitonin段階 Iで、procalcitoni tier Iの陰性尤度 0.09

procalcitonin段階 Iは副事象アウトカムの最小頻度と関連

CURB-65ストラテジーと同様の結果であった。

by internalmedicine | 2008-06-21 11:31 | 呼吸器系  

<< 双生児研究:運動量の低下ととも... 非侵襲的試験:胃の疾患 >>