COPD日内肺機能改善:スピリーバ+formoterol > アドエア

COPD患者管理にスピリーバにLABAを併用するかどうか・・・

Comparison of a Combination of Tiotropium Plus Formoterol to Salmeterol Plus Fluticasone in Moderate COPD
(Chest. 2008; 134:255-262)
【背景】 6週間、多施設、ランダム化、平行群研究をCOPD患者にて、tiotropium 18μg qd+formoterol 12μg bid+salmeterol 50μg+fluticasone 500μg bidで肺機能改善を比較
【結果】729名をスクリーン、605名にてランダム化し治療
592名(基礎値 FEV1 1.32 ± 0.43 L/min [±SD])を解析
6週後、12時間肺機能において、tiotropium+formoterol投与群が、salmeterol+fluticasoneより優れていた ( FEV1 AUC0–12平均差, 78 mL [p = 0.0006]; FVC AUC0–12平均差, 173 mL, p < 0.0001)


ピーク反応でもtiotropium+formoterolが勝る(peak差 FEV1, 103 mL [p < 0.0001]; peak FVC差, 214 mL [p < 0.0001]), 投与後の個々のFEV1,FVCでも (p < 0.05)

投与前FVCは気管支拡張剤の組み合わせで有意に高いが、FEV1やrescue薬使用は群間で有意差がない。両治療とも耐用性がある

【結論】Tiotropium + formoterolはsalmeterol+fluticasoneに比較して一日中肺機能の改善がもたらされる。
ただ、重症COPDに対しては、併用治療の有効性評価のための長期研究が必要。



FEV1をみると1.32L程度とさほど重症ではなさそう・・・GOLDには
Add regular treatment with one or more long-acting bronchodilators(when needed); Add rehabilitation
と書かれている。
a0007242_1503385.jpg

by internalmedicine | 2008-08-06 12:25 | 呼吸器系  

<< 長期呼吸リハビリテーションの意義 システミックレビュー:ツ反 v... >>