チアゾリジンジオン系薬剤中止後の黄斑浮腫

thiazolidenedione中断後の臨床的に重大な黄斑浮腫(CSMO)自然治癒の報告
Spontaneous resolution of diabetic macular oedema after discontinuation of thiazolidenedione
Diabetic Medicine, Volume 25, Number 7, July 2008 , pp. 860-862(3)

Avadia(一般名:Rosiglitazone、本邦未発売)であり、ピオグリタゾン(アクトス)の話ではないのだが、“We recommend that ophthalmologists consider discontinuing glitazones in consultation with the diabetologist before embarking on interventional management such as laser or intravitreal injections.”ということ

アクトスの添付文書でも“(糖尿病性)黄斑浮腫が発症または増悪したとの報告がある。視力低下があらわれた場合には黄斑浮腫の可能性を考慮すること”とあり注意が必要だろう。

by internalmedicine | 2008-08-19 10:56 | 糖尿病・肥満  

<< 百日咳成人流行って・・・ほんと... 2型糖尿病:DKA例の増加 北... >>