糖尿病治療週1回で良好? ・・・ Exenatide(Byetta)

the Lancetに9月8日分というから・・・今日? ・・・eJournalとしてはまだ掲載されてないようだ・・・・系最後で差し替えるつもり(情報ソース:http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-09/slri-not090508.php



Dr. Daniel Druckerは週1回治療を1日2回治療の代わりにできる可能性を示唆

Exenatide 週1回投与は食後の腸管から産生されるGLP-1(glucagon-like peptide)と類似した作用を有する長時間作用性の新しい薬剤で、週1回自己注射によるExenatideを行うのと週14回注射と比べた。
Exenatide(Byetta)は現在米国では使用可能である。

6ヶ月臨床トライアルで多施設で、300名対象の臨床トライアルで、週1回Exenatide75%投与し、目標血糖値を定義してExenatide使用した。
副作用が少なく、低血糖のリスク増加なく、体重減少も見られた。



Dr. Druckerは、GLP-1を20年以上研究し、多くの薬剤でGLP-1作用に影響を及ぼす薬剤の研究の末、ついに週1回治療までこぎつけたそうで、方や・・・どこぞの国のアディポなんたらを研究した人(動脈硬化学会の北ノ海?)は国民に意味不明の症候群と検診制度を押し付けた・・・という皮肉

参考:ExenatideはTDZ治療にて至適治療域に至らない2型糖尿病血糖コントロール改善  2007-04-04 08

だれが毒トカゲ(Gila monster)の口の中に手を突っ込んだか?
新糖尿病薬「バイエッタ」物語(Byetta, exenatide)


急性膵炎の副作用?
http://www.healthcentral.com/diabetes/c/17/15142/byetta-perspective/

by internalmedicine | 2008-09-08 09:18 | 糖尿病・肥満  

<< 牛乳房炎:ミルクが抗生剤効果を邪魔 ラマダン中の食事は脂肪過多、蛋... >>