結核菌ワクチン:VPM1002 p1研究着手

結核菌は16-20時間に一度分裂するという超スロースピードで、これは他の細菌が数分で分裂するのとは段違いである。逆に生体防御が対応しにくいということにつながる。

有望な結核生ワクチンがやっとできそうだという話

”VPM1002"というもの

トライアル:NCT00749034
Dose-Escalation Study on Safety and Immunogenicity of VPM1002 in Comparison With BCG in Healthy Male Volunteers

あまりに内容のない記事なのに愕然

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-09/haog-ntv091108.php
“VPM1002"のphase 1 臨床トライアルが開始、健康ボランティアでの安全性試験で、動物モデルでは有効性と安全性が極めて高いことが示されている。
最終的承認への準備中とのこと(phase 1で?・・・という疑問が・・・)

BCGベースのものであるが、効果に疑問があり、より強力な武器が必要とされていた。


MAX PLANCK SOCIETY Press Release Septermber 11th ,2008


by internalmedicine | 2008-09-12 09:40 | 呼吸器系  

<< 猫ひっかき病の原因ともなるバル... アジア系に使えないと判明・・・... >>