担癌患者の赤血球造血刺激治療と死亡率増加

赤血球造血刺激剤:ESAsの静脈血栓塞栓リスク、死亡率  2008年 02月 27日でふれたことと関係するが、担癌患者全体からみても、この臨床的影響は大きいようだ。

スイス、ベルン大学、Julia Bohlius氏が、American Society of Hematology meeting で、報告(この段階では予定)

Erythropoiesis-stimulating agents (ESAs) による癌患者への貧血治療の危険性17%ほどon-study mortalityを増加させ、6%ほど全般生存を悪化させる


LBA-6 Recombinant Human Erythropoiesis Stimulating Agents in Cancer Patients: Individual Patient Data Meta-Analysis on Behalf of the EPO IPD Meta-Analysis Collaborative Group

50th ASH Annual Meeting and Exposition Online Program and Abstract
December 9, 2008, 7:30 AM-9:00 AM

53研究13933名のデータ解析で、化学療法を主とする10441名を含む38トライアルを含むもの
ESAs患者では17%(HR 1.17; 95% CI 1.06-1.30)死亡率を増加させるが、化学療法や他のトライアル間の相違に関してはエビデンスが乏しい(p for interaction=0.42)。
全般生存率6%(HR 1.06; 95% CI 1.00-1.12)悪化させる。
化学療法population on-study死亡率は、10%増加(HR 1.10, 95% CI 0.98-1.24)で、全般的死亡率は4%(HR 1.04; 95% CI 0.97-1.11)
既知予後因子補正のよる全般的推定への関する影響は少なく、年齢、性別、Hb、Hctベースライン値特性のような患者特性による影響(抗ガン剤、ESA治療助j-る、デザイン、質)に関しては結論的なエビデンス認めず。



53の研究14000名近くの患者で、貧血薬剤投与で17%(95% 信頼区間;CI, 6%-30%)が超過死亡する。で、全般的生存確率が6%(95%CI 0%-12%)ほど低下するという

・Anemia Drugs Hike Risk of VTE and Death in Cancer Patients(http://www.medpagetoday.com/HematologyOncology/Chemotherapy/8511

Bennett CI, et al "Venous Thromboembolism and Mortality Associated with Recombinant Erythropoietin and Darbepoetin Administration for the Treatment of Cancer-Associated Anemia" JAMA 2008; 299: 914-924.


深部静脈血栓に関わる死亡による影響はどの程なのか、今後検討が必要だろう

by internalmedicine | 2008-12-08 10:24 | がん  

<< FDA: 肺気腫治療用肺バルブ... ”電子たばこ”を有害性の説明無... >>