FDA: 肺気腫治療用肺バルブ承認せず?

“肺気腫に対する気管支鏡を用いた肺容量減少手術”に対して、FDAのadovisory panelは承認申請に反対するrecommendationを出した。

12月5日にmedpagetodya.comに記載


肺手術後バルブ(ibv valve) FDA承認 2008年 10月 27日 と書いたはずなのに・・・

FDA Advisers Recommend Rejection of Airway Valve for Emphysema
http://www.medpagetoday.com/ProductAlert/DevicesandVaccines/12047

“リスクはそうでもないが、ベネフィットはリスクを凌駕するほど充分でない”という理由で却下?
"The risks are not huge"
"the benefits are inadequate to overcome the risks."


FDA諮問委員は、肺気腫に対する一方向弁を反対することで、11:2の評決で決まった


8000万ドルの研究であったが、こえを完遂するべきリソースが企業にない・・・ということで、断念か?


by internalmedicine | 2008-12-08 15:12 | 呼吸器系  

<< マラリアワクチン: RTS,S... 担癌患者の赤血球造血刺激治療と... >>