減量:お金が関わると効果抜群

肥満への有効な治療方法確立は公衆衛生上の優先事項である。57名の過体重・肥満成人ランダム化、16週トライアルでで包括的体重減少目標に対して経済的incentiveの効果を評価したもの。

インセンティブに金が関わると、効果抜群のようだ。


目標体重に失敗したら損失を生じるというdollar-for-dollar投資、くじ賞金獲得であり、月ごとの体重計測を含む通常のケアに比べ、経済的インセンティブは、16週介入間は有意に体重減少と関連した。
しかし、体重減少は介入期間後維持不能であった。←悲しさ

Financial Incentive–Based Approaches for Weight Loss
A Randomized Trial
JAMA. 2008;300(22):2631-2637.
30-70歳のBMI 30-40の57名の健康なひとたちを3つの体重減少プランにランダム化する
・毎月計測
・くじインセンティブプラン
・保証金(deposit contract)

16週間で、週毎1lb(0.45kg)あたりの体重減少を目標とした

インセンティブ群は対照群より有意に体重減少し、平均 3.9 lb減少

対照群に比べ
・くじインセンティブ群:平均13.1 lb減少(95% 信頼区間 [CI] 差 平均, 1.95-16.40; P=.02)
・保証金群:平均14.0 lb(95% CI 差 平均, 3.69-16.43; P=.006)


インセンティブ群の約半数が目標体重16-lbに到達・
くじインセンティブ群:47.4% (95% CI, 24.5%-71.1%)
・保証金群:52.6% (95% CI, 28.9%-75.6%)

一方、対照群は目標16-lbに到達したのは10.5% (95% CI, 1.3%- 33.1%; P = .01)であった。

ネットの体重減少は、参入時と7ヶ月時点で、インセンティブ群で体重減少の程度が大きいが、差は統計学的に有意差はない。
インセンティブ群:

くじ群:9.2 lb; t = 1.21; 95% CI, –3.20 to 12.66; P = .23
保証金群: 6.2 lb; t = 0.52; 95% CI, –5.17 to 8.75; P = .61


しかし、インセンティブ群は、研究スタート時より7ヶ月時点で体重減少続く (P = .01 for the lottery group; P = .03 for the deposit contract group) が対照群は有意差無し

by internalmedicine | 2008-12-10 10:30 | 糖尿病・肥満  

<< ビタミンE・C、セレニウムサプ... ゾレア皮下注:喘息抗IgE治療 >>