エベレスト山頂のヒトの動脈酸素分圧・炭酸ガス分圧

1981年の酸素分圧、炭酸ガス分圧をエベレスト山頂で、10分間酸素使用せず用いた擬似的測定値(West JB, Hackett PH, Maret KH, et al. Pulmonary gas exchange on the summit of Mount Everest. J Appl Physiol 1983;55:678-687. )が有名で、”Arterial PO2 was calculated from changes along the pulmonary capillary to be 28 Torr”という値を推定


 ↑
この話・・・なんども講演会で聞いたなぁ・・・


今度の研究は、実際に、エベレスト山頂登下山登山家の10名の動脈血サンプルにて測定
8400mで大気圧272 mm Hg(36.3 kPa)にて
平均PaO
は 24.6 mm Hg
(3.28 kPa):range 19.1 ~ 29.5 mm Hg (2.55 ~ 3.93 kPa)
平均PaCO
は 13.3 mm Hg
(1.77 kPa):range 10.3 ~ 15.7 mm Hg (1.37 ~ 2.09 kPa)




Arterial Blood Gases and Oxygen Content in Climbers on Mount Everest
N Engl J Med. Volume 360:(2) 140-149 January 8, 2009

a0007242_8595717.jpg



いままで2つの研究、Operation Everest II と Operation Everest III (Comex '97) とがなされ、これは低大気圧チェンバー内用に準備されたものでの測定で、エベレスト山頂(253.0 mm Hg, or 33.73 kPa)をシミュレートしたもので、そのときはPaO2 of 30.3±SD 2.1 mm Hg (4.04±SD 0.28 kPa)と 30.6±SD 1.4 mm Hg (4.08±SD[0.19 kPa)であった。

8400mでは、7100mの時より平均酸素含量は26%低下
平均A-aDO2は 5.4 mm Hg (0.72 kPa)

by internalmedicine | 2009-01-08 08:56 | 呼吸器系  

<< 待機的帝王切開タイミング:39... Glycemic Contro... >>