Glycemic Control and Complications in Diabetes Mellitus Type 2 (VADT) 文献出版

Glycemic Control and Complications in Diabetes Mellitus Type 2 (VADT)

ACCORD、ADVANCE、VADTとよく並び称せられるが、昨年6月に発表された分だろう・・・VADT文献

”2型糖尿病コントロール不良の退役軍人を血糖標準コントロール・強化コントロールにわりつけたところ、主要心血管イベント、死亡、微小血管合併症に関して差異無し”


Glucose Control and Vascular Complications in Veterans with Type 2 Diabetes
N Engl J Med. Volume 360:(2) 129-139 January 8, 2009

【背景】 長期に及ぶ強化血糖コントロールの心血管イベントへの影響は未だ不明

【方法】 1791名の退役軍人(平均年齢 60.4歳)で、2型糖尿病suboptimal responseの対象者を標準・強化血糖コントロール群に割り付け
他の心血管リスク要因は均一に治療。
糖尿病初回診断からの平均年数は11.5で、心血管イベントを既に有する比率が40%
強化治療群の目標は糖化ヘモグロビン値、標準治療との絶対値差1.5%減少
主要アウトカムは、ランダム化から主要心血管イベント(心血管原因、うっ血性心不全、血管疾患手術、処置不能の冠動脈疾患、虚血性壊疽による切断)発症までのトまでの期間

【結果】 フォローアップ期間中央値は5.6年、糖化ヘモグロビン中央値は、標準治療群で8.4%、強化6.9%
プライマリアウトカムに関して、標準治療群は264、強化治療群は236
(hazard ratio in the intensive-therapy group, 0.88; 95% confidence interval [CI], 0.74 to 1.05; P=0.14)

2群に全コンポーネントを含むプライマリアウトカムや全原因死亡率は有意な差なし(hazard ratio, 1.07; 95% CI, 0.81 to 1.42; P=0.62).

2群に微小血管合併症の差異なし

副事象イベント、特に低血糖が標準治療にて17.6%、強化治療にて24.1%出現


【結論】コントロール不良な2型糖尿病に対して 強化血糖コントロールを行うことで、主要心血管イベント、死亡、微小血管合併症へ影響を与えなかった。
(ClinicalTrials.gov number, NCT00032487 [ClinicalTrials.gov] .)


高リスク2型糖尿病強化治療:異なる2つトライアル結果:ACCORD vs ADVANCE 2008年 06月 07日

内科開業医のお勉強日記 : ACCORDトライアル AHA ステートメント 2008年2月22日
内科開業医のお勉強日記 : ACCORD研究のインパクト 2008年6月9日

by internalmedicine | 2009-01-08 07:58 | 糖尿病・肥満  

<< エベレスト山頂のヒトの動脈酸素... 肺癌:新築家屋内ラドン濃度基準... >>